デスクリサーチや現地訪問などの方法

デスクリサーチや現地訪問などの方法 交通・輸送手段の発達やインターネットの進化などによって経済のボーダレス化がどんどん進行しています。
今後もこの傾向はどんどん進んでいくのではないでしょうか。
それに伴い、海外進出を志す企業もますます増えていくはずです。
海外市場へ進出していくためには、きちんと海外市場調査を行わなければいけません。
ビジネスは厳しいですから、何の準備もなしに飛び込んでいくのは危険です。
海外市場調査の方法はたくさんありますが、一番安価で簡単なのは、デスクリサーチです。
これは、インターネットなどを活用して現地の情報を収集するというものです。
コストはかかりませんが、言語スキルや検索スキルが求められます。
日本にいる外国人に話を聞くという方法もあります。
ターゲットの国の人で日本に住んでいる方などに、現地の事を色々と質問して情報を得ます。
しかし一番いいのは、やはり自分で現地を訪れることでしょう。
現地に行けば、ネットなどでは分からない情報をたくさん仕入れることができます。

海外市場調査を行うためにかかる費用について

海外市場調査を行うためにかかる費用について 海外市場調査を行う時にかかる費用は、調査の依頼先によって大きく異なります。
自社で行うとコストが低く抑えられる印象ですが、調査方法が的確でないと目的を達成することができず、逆にコストを無駄にしてしまう可能性も否めません。
一方、調査会社や第三者機関などに海外市場調査を依頼する場合には分析の目的、調査期間、調査の規模、集めたいサンプルの数、調査方法などの違いによって費用が決まります。
一般的には、街頭調査、インタビュー、ヒアリングなどを実際の現地に滞在して行うオフラインの調査は人件費や移動費などもかかり、コストが高くなります。
また、インターネットや電話などを使ったオンラインの調査、郵送調査などは相場も安くなっていて、手軽に利用することが可能です。
そのほか、独自のネットワークを使って比較的安くオフラインの調査を可能としている会社もあるので、海外市場調査にかけられる予算と目的に応じて的確な選択ができるよういくつかの調査会社に見積りを出してもらうのもよいでしょう。