海外市場調査におけるルール

海外市場調査におけるルール 海外にこれから事業展開を考えている場合に必ず行っておきたいのが海外市場調査です。
これまで日本で事業展開をしていた企業など、今の常識やルールが通用しないこともあります。
それら乗り越える事で、海外にはビッグチャンスがまだあります。
必要なのは情報であり現地をよく知っているコンサルタントなどとともに進めていくのが一般的です。
海外進出してからうまくいくかどうかではなく、事前に調査をして対策をしておく事です。
海外では人も考え方も生活も異なります。
よくある問題としてコミュニケーションがありますが、現地で日本ブームはありますが、言葉も通じなければその価値をうまく説明することも難しいです。
また海外には優秀な人材が数多くいます。
人材を活かすためにもコミュニケーションは欠かせないです。
海外市場調査は現地企業や人とのネットワークも解決できます。
情報不足はとてもリスクです、言葉の問題やネットワークの課題を解決しておく事です。

海外市場調査をするなら現地の法律も確認しよう

海外市場調査をするなら現地の法律も確認しよう 海外市場調査をする際に必ず調査しておかなければならないことは、現地の法律や規制です。
相手国を選ぶ際には、製品やサービスとのマッチングも重要ですが、世界の中には外資系企業の進出を厳しく規制している国もあるのでそれらをしっかり確認しておくことが大切です。
たとえ外資系企業の進出を厳しく規制していなくても、海外からの輸入に高い関税をかけているところもあります。
さらにイスラム圏の国だと宗教上の理由から豚肉を使った製品やアルコールなどが規制されているところが多いです。
また武器や軍湯製品に転用されるようなハイテク製品も、一部の国は輸入禁止になっています。
途上国では自国の産業を守るために、自国で作れるような製品には高い関税をかけていることが多いです。
産業だけでなく文化を守るために、コンテンツや農産物を規制するケースもあります。
このように世界にはさまざまな特徴があるので、海外市場調査の時に一緒に法律などを調べておくことが大切です。