為替相場によって依頼費用も変わる?

為替相場によって依頼費用も変わる? 海外との取引をする場合は為替相場を気にしなくてはならず、変動することで費用が変動する可能性もあります。
しかし、日本にある海外市場調査会社を利用する場合は、支払いは円で行うことになるので、変動によって依頼費用が大きく変わるということはあまりないでしょう。
ただし、現地調査をするにあたっては現地で活動することになりますが、これにかかる費用が変わることはあり得るので、その場合は海外市長調査が為替相場の変動を受ける可能性はあるでしょう。
むろん、これは海外市場調査を行う会社次第ですし、最初に費用を見積もりしてそれで変わらないと契約していれば、よほど大きく変動するといった特殊事情がない限り変わらないことが多いはずです。
心配な場合はきちんと契約を結ぶ段階で条件を確認したり、そうした事情が起きた場合にどうなるのかを確認しておきましょう。
確認しておけば後から聞いていないという事態に陥ることはなくなるので安心して任せられます。

海外市場調査の費用はどれくらいかかるの?

海外市場調査の費用はどれくらいかかるの? 海外市場調査の費用はどのくらいかというと、外部データによる市場の分析や消費者調査、競合の分析を行った場合は、1カ国あたり約400万円くらいが目安となります。
したがって数カ国の海外市場調査を依頼すると、かなりのお金がかかってしまいます。
なるべくお金をかけないで調査してもらいたいのであれば、ライトスペックの調査がおすすめです。
ライトスペックにすればデスクリサーチや簡易インタビューなどを組み合わせることができるので、1カ国100万円程度におさえることができます。
具体的にはライトスペックプランはどのような調査の内容になっているかというと、海外パネルを使った市場調査や文献調査、簡易インタビューによる消費調査や店舗調査です。
スタンダードプランの調査内容は、海外パネルなどを使った本格的な市場調査と文献調査です。
さらにインタビュー以外にもパートナー調査や法規制調査などを行っています。
これらは必要に応じて使い分けることが大切です。